<center id="ai2us"></center><center id="ai2us"></center>
<optgroup id="ai2us"><div id="ai2us"></div></optgroup>
<center id="ai2us"></center>
<optgroup id="ai2us"></optgroup>

社員紹介staff

people

Kさん

推進グループ

木材部 木構造建築課

Kさん

年入社

入社のキッカケ
大學時代から建築の勉強をしておりまして、特に中?大規模の木造建築に興味がありまして、當社には木造を専門に扱っている部署があったので是非入りたいと思い入社いたしました。
木構造建築課の特徴
営業もあって、構造設計もあって、現場管理までやるのが最大の特徴だと思います。例えば、建築學科の卒業生はだいたい設計事務所に入ったりするのですが、そこに入ったら基本的には設計だけ。ゼネコンさんに行った場合は基本的には現場管理だけ。當社の木構造建築課ではそれら両方に攜われるのが特徴だと思います。
木造で建てるメリット
ちょっと感情的な話になってしまいますが、まず「日本人ってやっぱり木が好き」っていうところと、學術的にも「木の家は落ち著く」という事が発表されていたりして特に教育機関などからは子供たちに良い影響を與えるとして注目されています。あと、これからは「環境」を考慮しないと建物が建てられない時代になってきてます。木は「持続可能な資源(植える→使う→また植える)」なので環境的にも資源的にも國をあげて今木をドンドン使っていこうという動きになっているので木造を建てるメリットは多いです。
Kさん
仕事で苦労すること
設計士さんと話している時、特に専門知識の高い內容になった時にすぐにで回答できるか否かが勝負になってきます。回答に時間がかかってしまうとその分信用を失いますので、できるだけ早く、その場で回答できるように日頃から幅広い知識を持っておかなければならないところが難しいですね。
仕事の楽しいところ
最初から自分が関わった物件が、ドンドン形になっていくそのプロセスが楽しいですね。設計して、施工がはじまり、そして最後に実際に建物が建った時は本當にやりがいを感じますね。
印象に殘っていること
以前、木造の小學校の校舎を作っている時がありまして、工期が短い、トラブルも多いという現場で、ものすごく追い込まれていて、現場の職人さん達もイライラしていたのですが、コチラが真摯に説明をする事で皆さんに気持ちが通じましてそれからは現場が一致団結して問題に取り組みまして、結果、品質も保ち、工期も間に合った。という経験をしました。その時に感じたのは、自分だけの力じゃなくて、色んな人に助けてもらって建設業というのは成立しているな。と実感できた事ですね。
好屌干视频在线观看