<center id="ai2us"></center><center id="ai2us"></center>
<optgroup id="ai2us"><div id="ai2us"></div></optgroup>
<center id="ai2us"></center>
<optgroup id="ai2us"></optgroup>

「成長」は「失敗」の先にあるstory

『成長』は『失敗』の先にある

営業本部
関東営業部 つくば営業所
2013年 入社

2013年入社。関東営業部つくば営業所にて営業として勤務中。建材販売店様や工務店様の、もっとも身近なパートナーであるルート営業を務める。入社から數年という短期間で頭角を表しつつある、気鋭の社員だ。

もともと営業職希望で入社した彼が、仕事と人間性の両面で大きく成長することができた理由。それは「成長は失敗の先にある」という、誰にでも起こりうる失敗を成長の糧にしていく発想の転換力だった。

営業の朝は早い。工務店様の建築現場の動き出しに合わせて業務をスタートさせるため、8:30の始業より30分ほど前に出社するよう心がけている。前日の仕事のまとめや今日の準備などをするためだ。事実、8:30頃には問い合わせや発注の電話?FAXが入り始める。お得意先様からの電話に対応していると今度は攜帯が鳴り出す、といった狀態で午前中は受注とメーカーへの発注で忙殺されることが多い。

午後からは外回りの営業が中心となる。1日に7~8社、工務店様や建築現場を回り、各お得意先様の特長や仕事內容にぴったりな新製品の案內、商品提案をはじめ、現場の進捗、納品製品の確認などをする。時にはメーカーの方と同行もすることもあり、1件當たりにかけられる時間は短いが「ただ顔を出すだけでは営業マン失格」との思いから自然と熱のある會話となる。営業はモノを売る能力より、人対人のコミュニケーションと信頼関係を築く能力が重要なポイントになる仕事なのだ。

お得意先様からの連絡は営業所に入る。注文連絡は基本的に擔當営業が直接受けるが、外回りなど不在時に入ってくる注文や変更連絡は、営業所の他の社員が受けることになる。これは何の変哲もない営業所のいち場面だが、ジャパン建材が取り扱う商品の數は膨大で種類も多岐にわたる。さらに様々な工務店様との取引があり、ご注文いただく建材も工務店様ごとに特長がある。

営業所內でお客様ごとの特長を熟知していることは大切なことなのだが、その経験が「慣れ」からくる「思い込み」を生むことがある。さらに業務において大切な報連相(報告?連絡?相談)が欠けたことで、失敗を招いたことがあった。

JKホールディングスの営業はスマートではない。むしろ人間臭く、泥臭くさえある。その理由はお得意先様である建築業界の持つ個性といってもいい。建築現場には常に危険が隣り合わせで存在する。そのため現場ではお互いがお互いの行動に責任を持ち、信頼しながら仕事を進めていく。

言葉は荒く一見とっつきにくい印象だが、この業界人はみんな心優しくオープンだ。ただしそれは、誠実に正直に懸命に仕事に取り組む相手に限られる。「お客様だから」「メーカー関係者だから」そんな垣根を捨てて、初めてひとつの仕事に共に取り組む仲間になれるのだ。

好屌干视频在线观看